やまと総合会計事務所

お問い合わせはコチラ

個人顧問契約advice-for-individuals

今年の確定申告は大丈夫ですか?・副業をしているサラリーマン・開業したばかりのフリーランスなどの方でも安心の低額料金でサポートできます

このようなことで悩んでいませんか?

  • 忙しくて確定申告している時間がない
  • 領収書や請求書の整理などの面倒な処理を
    丸投げしたい
  • 申告期限がギリギリなので、
    自分で行っていては間に合わない
  • 自分ではできないところだけ
    税理士のサポートがほしい

※注意点

白色申告の方も、2014年1月以降は、記帳と帳簿保存が義務付けられました。
確定申告には、青色申告と白色申告があります。以前は税の特別控除を受けるために、青色申告の方のみ記帳が義務付けられていました。
しかし、法改正により、現在は白色申告の方も記帳義務があります。
これまで概算で計算していた人は、注意が必要です。自分で行う自信がない人、勉強する時間がない人は一度ご相談ください。

当事務所の5つの特徴

1.申告書の作成のみの対応も可能

当事務所のお客様は、まずは申告書の作成からという形でお問い合わせをいただくことも多いです。万が一、申告書の作成サポートにご不満があったお客様に対しては、報酬の全額返金を行なっております。ほとんどのお客様にサービスへ満足していただき、継続的に顧問契約を依頼していただいています。

2.若手税理士によるスピーディなあんしん対応

税理士の対応が遅くて困る・・・といったことはありません。迅速に丁寧な対応と説明を心がけています。(メールでのご相談には12時間以内に対応いたします)税務や会計が全然わからない方でもご安心ください。申告期限が近くなってしまった場合でも対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。過去には申告期限当日に連絡いただいたお客様からの申告も行いました。

3.明確な料金体系

当事務所では申告書の作成プランを5万円からお受けしています。事業の規模にもよりますが、平均的には7万円から10万円で依頼を受けることが多いです。お見積り額が他の事務所よりも1円でも高い場合にはお申し付けください。

4.個人事業主の心強い味方になります

確定申告を自分でやってみよう。と思い作業したけれど途中で挫折したというお客様からご連絡いただくことがあります。どうしたらよいのかわからない。そんな場合でも、安心してご連絡ください。このようなお客様を数多く見ておりますので、あなたの状況をヒアリングして最善のサポートを提案します。場合によっては、預金通帳やクレジットカード明細を始めから確認して原因を究明することもあります。1人で悩まれる前にまずはご連絡ください。

5.クラウド会計の導入支援も可能

事業を始められたばかりの方であれば、クラウド会計について聞いたことはあるのではないでしょうか。クラウド会計を使用すれば、経理知識があまりない方でも感覚的に日々の業務を記録することができます。スマートフォンを使用して外出先から操作をしたり、経営の状況を把握することも可能です。ご自身で簡単に作業ができるので、税理士に依頼する仕事を必要最小限にすることが可能です。

確定申告を初めて行う方へ

個人の確定申告は前年の1月1日から12月31日までの1年間の所得を集計し、税務署への申告書の提出と納税を毎年2月15日から3月15日までの間に行わなければいけません。確定申告はご自身でももちろん作成することが可能です。が、しかしです。実際に自分で確定申告をするのは、初めてであればお勧めしません。

確定申告をするには、1年間の取引をすべて確実に入力する必要があります。一つでも取引を誤ると、いつまでも預金通帳の残額と、入力した数字がずれてしまいます。ある程度のカンがあれば間違えているところをすぐに発見できますが、初めての方であればその間違いを見つける作業が1日がかりだったりします。最終的には、エイヤ!という事で帳尻が合うようにデータを修正するなんてことも行なってしまいたくなるかもしれません。

でも、当事務所へご依頼いただければそんな努力をする必要はありません。面倒な作業は、すべてお任せください。毎年頭を悩ませて申告する必要はありません。申告に努力する必要はありません。プロに任せることで時間の節約にもなります。

みなさまは本業に集中してお金を稼ぐことができます。空いた時間で旅行に行くこともできます。申告書の作成は5万円からお受けいたします。

提供させていただいたサービスにご不満がありましたら、報酬は全額返金致します。
1日でも早く連絡をいただいた方が、早急に対応できます。お急ぎの場合、今すぐお問い合わせください。

サービス内容と料金

確定申告のみの場合

申告書作成提出サポートパック・・・5万円から

事業の規模や業種、お客様の会計知識によって金額は異なります。
問い合わせていただければ、喜んで無料見積もりをさせていただきます。

個人事業主の顧問契約の場合

シルバー ゴールド プラチナ
確定申告書の作成
税務代理権限証書の作成
申告書の提出(e-tax)
申請書・届出書のチェック
税金の未納チェック
経理データのチェック
給与計算・源泉徴収事務
領収書類の整理

各業務内容の説明

確定申告書の作成 毎年の所得税の計算をするために必要となる、税務署への税務申告書を作成します。
個人の確定申告では、前年の1月1日~12月31日までの1年間の所得を集計し、税務署へ申告書の提出と納税を毎年2月15日~3月15日までの間に行わなければいけません。3月15日が、土曜、日曜、祝日など税務署の閉庁日である場合は、その次の開庁日が申告期限となります。
確定申告書にはご自身の事業所得だけではなく、給与や株式の売却益や配当金、年金なども合算するほか、住宅ローン控除やふるさと納税なども計算して記載します。
税務代理権限証書の作成 税務調査などにおいて、お客様の代わりに税理士が代理人として立ち会いを行ないます。税務代理権限証書の提出がない場合には、税務調査の際に税理士がお客様の代わりに税務調査の立会いを行う事ができません。税務代理権限証書を提出しておけば、税務署は税務調査を行う際に、納税者と合わせて税理士にも調査の日時、場所を通知するため、安心して税務調査に臨むことができます。
申告書の提出(e-tax) 作成した申告書を期限まで提出を行います。申告は基本的に電子申告を使用して行ないます。電子申告(e-Tax)は2004年に開始したインターネットを利用した確定申告・納税のシステムです。
個人でe-taxを行う場合には、住民基本台帳カードやカードリーダーを購入しパソコンに事前セットアップが必要となるなど面倒な手続きが必要になりますが、当事務所ではそれらの設備はすでに準備されており、お客様の代わりに代理で電子申告することが可能です。
申請書・届出書のチェック 適時、必要な届出書類や申請書などのアドバイスや記載のチェックなどを行います。例えば開業したばかりの方であれば、税務署へ開業届出書や青色申告の承認申請書、給与支払事務所等の開設届出書、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書などを提出する必要があります。
補助金などを受給する場合や銀行からの融資を受ける場合にも必要な書類の提出に関してサポートを致します。
税金の未納チェック 納期すべき源泉所得税や、所得税が期日までに支払われているか確認を行います。税金の申告期限を守らないと、延滞税や加算税を課されるなどのペナルティーがありますので申告期限を1日でも遅れないように注意して申告と納税をする必要があります。大地震や災害など特別な理由がない限り納税期限の延長は認められていません。
経理データのチェック 会計ソフトに入力した経理データに問題がないか巡回監査を行います。内容に不明点があった場合は都度ご連絡して解決いたします。会計データを正しく作成するためには、定期的なチェックが必要となります。正しいチェック機能が働かない場合には、作成された決算書に不備が発生する可能性があり、税務調査などにおいても不利に働く場合があります。
給与計算・源泉徴収事務 従業員や役員の給与支給額から源泉所得税や社会保険料の金額を計算し控除したうえで給料の支払いを行ないます。源泉徴収した会社や事業主は、原則として実際に支払いを行った(源泉徴収を行った)月の翌月10日までに、その金額を税務署に納付します。例えば、3月1日から31日の間に支払いを行った場合、4月10日までに納付を行います。ただし納期の特例という制度を利用することで、納付期限が猶予され、1月から6月までの所得税は7月10日まで、7月から12月に支払った分に対する所得税は、翌年の1月20日まに納付すればよくなります。
領収書類の整理 毎月発生した経費関係の領収書やレシートの整理と会計ソフトへの入力や保管方法の指示を行います。
よくお客様から、クレジットカードの利用明細は領収書の代わりになりますか?と質問を受けますが、厳密にいえば領収書の代わりにはなりません。クレジットカードを使用した際の利用伝票なども保存しておく必要があります。
領収書等は税務上7年間保存し続けなければいけません。電子データで領収書を保管できるようにする取り組みも始まってきておりますので、こういった法律改正の動きから適切な書類の保管方法についてもご相談を受けることがあります。

シルバープラン (個人事業主用)

月額顧問料 決算報酬
前期売上 500万円以下 4,980円 50,000円
500万~1000万円以下 6,980円 80,000円
1000万~2000万円以下 9,980円 120,000円
2000万~3000万円以下 14,980円 160,000円
3000万~5000万円以下 19,980円 200,000円
5000万円超 別途お見積り致します。
当事務所指定のクラウド会計ソフトを導入することを前提。
情報共有は基本的にメールやクラウド上で行うことを前提。
お客様の会計知識によってはゴールドプランをおすすめさせていただく場合がございます。

ゴールドプラン

※個人事業主・新設法人の方には、ゴールドプランが一番人気です。

月額顧問料 決算報酬
前期売上 500万円以下 9,980円 50,000円
500万~1000万円以下 14,980円 80,000円
1000万~2000万円以下 19,980円 120,000円
2000万~3000万円以下 24,980円 160,000円
3000万~5000万円以下 29,980円 200,000円
5000万円超 別途お見積り致します。
当事務所指定のクラウド会計ソフトを導入することを前提。
情報共有は基本的にメールやクラウド上で行うことを前提。
取引量(仕訳件数)、利益、従業員数等によって金額が異なる場合がありますので、お気軽にご相談ください。
経営や補助金などに関するアドバイスも行います。

プラチナプラン

※全て会計事務所にお任せしたい場合にお勧めです。

月額顧問料 決算報酬
前期売上 500万円以下 29,980円 50,000円
500万~1000万円以下 34,980円 80,000円
1000万~2000万円以下 39,980円 120,000円
2000万~3000万円以下 44,980円 160,000円
3000万~5000万円以下 49,980円 200,000円
5000万円超 別途お見積り致します。
当事務所指定のクラウド会計ソフトを導入することを前提。
情報共有は基本的にメールやクラウド上で行うことを前提。

申し込みから仕事完了までの流れ

STEP1お問い合わせをいただく

予定をお聞きして、面談日時を決めます。
都合の良い時間帯を教えて下さい。

STEP2事業に関するヒアリング

あなたの事業の状況や、その他の勤務状況などを確認させていただきます。
基本的にはその場でお見積もりを提出させていただきます。

STEP3依頼するかどうかの決定

当事務所へ依頼することに決まりましたら、ご連絡ください。
今後の流れ・費用で不安なこと・不明なことがあれば、お気軽にお聞き下さい。

STEP4申告書作成

お客様から提出していただいた資料を基に当事務所で申告書作成の基礎となる会計データを作成します。
確認が必要となる事項については担当者からご連絡いたします。

STEP5申告書提出と税金の納税

作成した申告書は提出する前にお客様に内容を確認していただきます。ご不明点などがある場合にはその時にご相談ください。内容に問題がなければ、税理士が申告書を代理で提出させていただきます。所得税の納税がある場合には、納税金額についてもお伝えいたしますので、期限までに納付をしていただきます。

ご相談・お問い合わせ

初回無料相談(30分)を行っています。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちらのページです。